前へ
次へ

インフルエンザの予防接種は早めに受けよう

今年はインフルエンザの流行時期が早まっていると聞きました。例年なら12月末頃の流行時期に備えて対策す

more

実際にインフルエンザに打ち勝つために

様々な形で毎回侵入をしようとしてくるインフルエンザウイルスですが、形を変えるために予防接種を受ければ

more

インフルエンザウイルスの侵入を拒むために

じっくりとインフルエンザウイルスに対抗できるようにするには、どのようなやり方でウイルスに対抗するべき

more

インフルエンザの理解を深めよう

インフルエンザは、冬場などに流行しやすいイメージがあります。空気が乾燥し、風邪などもひきやすい時期ですが、インフルエンザなども感染力が強いため、感染し発症してしまうと周囲にいる人々にも感染する可能性が高まります。特に、学校や会社など人が集まりやすい場所に発症者がいると感染者が一気に増えてしまう可能性もあります。インフルエンザが発症した場合には、できるだけ人との接触を避けることも必要です。自宅で安静に過ごすことや病院できちんと診察してもらうことが大切だといえます。症状としては、咳やのどの痛みなど風邪などでも似たような症状がありますが、特徴としては高熱が出る点などから風邪との違いなどを把握してみるといいでしょう。風邪でも高熱となることもありますが、微熱程度の症状で収まることもあります。また、インフルエンザとは違い、全身症状などが強く出るということがあまりありません。このような点から、違いを判断してみるというのもいいでしょう。発症しないための予防策としては、ワクチンなどの予防接種をしてみることで、完全に防げるわけではありませんが、症状が比較的抑えられる可能性などもあるため、予防策の一つとして予防接種なども有効な手段といえます。それ以外にも、風邪などの予防と同じように外出し帰宅したらうがいをすることや手洗いをするなどの基本的な予防策をとりましょう。食事に関しても、バランスのよい食事を日々、心がけることで免疫力の低下を防ぐことも重要だといえます。睡眠をしっかりととることなど生活習慣も、健康面などを意識した対策をすることが予防策につながります。発症してしまうと、かなりきつい症状となるのが特徴でもあるため、できるだけ発症を防ぐという意味でも予防を日々、心がけることが重要です。また、発症した場合には他の方に感染させないようにきちんと症状が収まり、ウィルスが周囲にまき散らすことのないように自分なりに対策をすることも必要です。

http://www.yamamoto-ganka.jp/
山本眼科医院は、ICUと同じレベルでクリーンな環境の手術室があるので安心して手術を受けることができます。

治療後まで安心の行徳の歯医者さん

埼玉 脳性麻痺 リハビリ

Page Top